写真
函館千秋庵総本家の歴史
弊社の創業は1860年(萬延元年)、秋田藩士だった初代「佐々木吉兵衛」が、日米和親条約の開港で沸く函館にわたり菓子売りを始めたところまで遡ります。そして、千秋庵発祥の地である函館から、明治期に小樽千秋庵が、大正・昭和に旭川・釧路の千秋庵が独立しました。そうした中、三代目吉兵衛に請われて東京から来た「松田咲太郎」が四代目を継ぎ、数々の銘菓を考案し発展の基礎を築きました。現在販売している元祖山親爺(やまおやじ)も咲太郎が開発し、全道の各千秋庵に製法を教えました。1921年には小樽千秋庵の職長が札幌で開業、その後札幌から帯広へと伝わって行きました。「千秋庵」という屋号は故郷秋田をしのんで命名したといわれています。
写真

函館千秋庵総本家 宝来町本店

〒040-0043 函館市宝来町9-9
市電「宝来町」電停下車 徒歩1分
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日
電話:0138-23-5131/FAX:0138-27-5581

お電話でのお申込み

FAXでのお申込み

千秋庵総本家